2007年01月24日

とりあえず近況報告

 どうも円安が続いてしまって,結果的に絶好機を逃してしまいました。と言ってもいまさら円売りポジを持つのは怖いので(かといって円買いもタイミングが読めない)しばらくは資金を別に動かして,FX取引は小振りにしていこうと思います。

 現在は日経225の先物,それもリスク抑え目のminiタイプをちょびちょびやっています。高くなりすぎた日経平均がどーんと落ちるのを予想してショートばっかりですが,ちょこちょこと利益確定して,そこそこの利益が出ているところです。ま,あんまり深入りはするつもりはないんですけども,2月に入った頃を見計らって大きめのポジションをとっていくつもりです。思惑通り進めば,ある程度円高にもなっているでしょうから再度FXに資金を戻していく,そんな思惑でおります。

 FXは一応,現在出遅れ感のあるCAD/JPYを2枚ほど持っていますが,よっぽど相場が落ちない限り増やすこともなさそうですので,わざわざここで報告することもないかなと思っています。今月のこれまでの成績はせいぜい数万円のプラスっていう程度のもんですし。また大きな動きがあれば積極的に書いていくつもりです。

 あとついでに書いておくと,本業の方が忙しく給料も上がったので,業者を「くりっく365」仲介業者に変更することにします。所得税と住民税合わせて20%以上取られるのなら,どんなに儲けても20%上限の税率でかつ損失繰延べが可能な「くりっく」の方が有利だと判断したからです。投資さらに,いま資金を移している日経225先物の損益とも通算可能な点も大きなポイントです。

 ま,僕にとって資産運用というのはあくまで本業の傍らにするものですし,大儲けしてやろうという野心もありません。でもやるからには本気で情報収集や分析をします。経済の状況に興味を持ち続けるにはポジションを持ってリスクを採ることが最適だと実感しているので,これからもこのスタンスを変えるつもりはありません。いろいろ人脈も広がりますしね。
posted by 隼人魂 at 00:41| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

僕は債務超過なんです。だからFXをするんです。

 どうも僕の資産運用の目的について,一部で誤解があるようです。

 以前も書いたとおり,僕がFXをする一番の目的は「住宅ローンを早期に返済する」ためです。望んだわけでもないのに負わされてしまった負の資産を早く減らしたいのです。それ以外のことはあんまり望んでいません。
 あらかじめ綿密な資金計画を立てていれば,少なくとも僕名義で家を買うことなんてありませんでしたが,ある特別な事情があって,本人の知らぬところで中古住宅の購入が決定されてしまいました。26歳で巨額の借金を背負ったので,今でもそうですが結婚なんて考えることもできません。

 その後,家の事情で銀行を退職したわけですが,手取り給料が半分ぐらいになりましたので支払いも大変です。退職まで貯金していたお金のほとんどを,ある事に使ってしまい(わかる方はわかる話。会社やめてから坊主になるまでの間にしていたことです),このままではいずれ住宅ローン破綻するなあと危惧したので,残りの資金をどうにか増やそうと思ったわけです。

 なぜ破綻なんていう思いが頭をよぎったのかと言うと,いくつか理由があります。

 まず,サラリーマン大増税がやってきます。年収700万円の家庭で年間40万円超の増税です(副島隆彦『重税国家日本の奈落』祥伝社より)。僕の場合は結婚していないので年収はそれに満たなくても増税額は同じぐらいになるでしょう。
 次に社会保険料の負担増です。国民健康保険と国民年金です。どっちも実質破綻状態ですから政府も強権発動していろんな施策を打ってきています。抗う事の出来ない僕らは負担増を我慢するしかない。どれぐらいの負担になるかは勉強不足のため頭に入っていませんが,それなりの負担になるでしょう。
 そして消費税。欧米では○○%だから日本も同じぐらいにとか何とかいう理屈で増税されるようですが,欧米でもやっていない,日用品にさえ一律消費税をかけるという暴挙。負担だけが増えていきます。

 さらに考えると,結婚して子供ができたとしても,今の公立の学校には入れたくない。そうなると教育費の捻出も大変です。子供ひとりを私立で大学卒業まで通わせるのにかかる費用で家が一軒立ちます(橘玲『世界にひとつしかない「黄金の人生設計」』講談社+α文庫より)。僕はすでに家を買ってしまっている!結婚しても嫁さんを食わしていくだけの自信も全く湧いてきません・・・。

 さらにさらに,景気が回復して金利が上昇すれば,住宅ローンの金利負担までが身を削りに来ます。
 僕がローンを組んだ2年前は期間フル固定金利の商品がなく,やむなく3年固定・その後見直しという条件で契約しました。来年の1月に金利見直しの時期がやってきますが,その頃金利が上がっているとマジでやばいです。だからそのときに何としてでも元金を減らしておきたいのです。日本の金利は上昇し出したら止まらないだろうと予想していますので,元金が多ければ多いほど負担も大きくなります(当たり前ですが)。

 こんな話をすると「悲観論者」のレッテルを貼られるのですが,僕だって暗い生活を送りたくないわけで,こんな時代でもローン破産せずにがんばれるために,いろいろ手を尽くしたいのです。そのための資産運用なんです。

 何もネット株長者みたいに不労所得で大儲けしてウハウハな生活がしたいわけではありません。僕は日ごろあんまりお金は使いません。一銭も使わない日がほとんどです。タバコも酒もやりませんし,ジュースを買う事も少ないし,ブランドの服なんてここ数年買ってません。携帯もフル定額のPHSにしましたし,車は銀行員時代に乗っていたランドローバーからトヨタのヴィッツに大幅グレードダウンさせました。所得に応じた生活をして,これからもそうするでしょう。でもでも,ローンの負担は大きすぎて,支出を減らすだけでは間に合わないんです。

 僕は元銀行員ですから,デフレの時代に借金することの怖さはよく分かっているつもりです。だいたい,僕が買った物件は中古住宅ですから,バランスシートで資産のデューデリしてもローン残高分にもはるかに満たないでしょう。土地の価値ぐらいは計上できますが,それでも間違いなく債務超過です。ここへきて日本国債が暴落でもしたら一気に長期金利は上ってエライことになります。家に火をつけて火災保険でローンを帰すっていう荒技を実行しないといけなくなるかもしれません(冗談ですよ)。デフレ中の金利上昇なんて恐ろしすぎます。固定金利なら安心かというと一概にそうとも言えず,銀行だってフルヘッジしてませんから顧客に付けを回してくることも予想されます。早く借金返したいんです。・・・ってこればっかりやな。

 いろいろ書いてきましたけど,なぜ僕がFXをやっているのかというのは,デフレというのはお金の価値が上っていく現象で,資産にするのは良いとしても負債にしてはいけないっていう大原則から出発していることを理解していただきたいと思います。金儲けにまでは手が回りませんし,あんまり興味はありません。



【今週初め→Jan/31/06 18:00現在のポジション状況】
AUD/JPY 150,000 LONG @ 86.080
       →150,000 LONG @ 86.080(変化なし)
GBP/CHF  50,000 LONG @2.24748
       → 50,000 LONG @2.24748(変化なし)
EUR/AUD  10,000 SHORT@1.63490
       → 10,000 SHORT@1.63490(変化なし)
※実効レバレッジ 2.58倍 → 2.85倍
※含み益  406,300円
    → 468,698円(スワップ分は含まず)
※1日あたりスワップ(見込み)3,038円
(注意:単価は未決済玉の手数料控除後取引レート加重平均による)

(コメント)
 スワップ派らしく,放ったらかしです。上昇相場ですので含み益は増えているようですが,あんまり気にしません。
 レバレッジが上っているのは,一部資金を引き揚げたから。
posted by 隼人魂 at 18:13| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

知人から運用委託を受けたとき,どのように考えるべきか

 ある方から,お金を預けるので運用してくれないかという相談を受けました。こういう場合の考え方について,メモ書き程度のクオリティでまとめておきます。

 1点目。僕は人様の大事なお金をリスク商品で運用するような身分じゃございません。銀行員時代なら,またファンドマネージャでもしていたら自分が運用しているファンドでも買ってもらうことはあるかもしれませんが,趣味でやっている個人投資で,他人から資金を預かるなんてことはできません。できるできない,儲かる損するの話ではなくて,倫理観の問題です。

 2点目。資金を預かって運用して儲かったとして直面する問題は納税です。
 言葉を額面通り受けとめて,例えば1,000万円を預かったとします。より厳密に言えば,銀行振込になるでしょう(この場合の現金手渡しは税務対策上最も危険です)。動かぬ証拠が残ります。
 また,個人投資として証券会社などの自分名義の口座で運用するわけですから,いくら人から借りたお金だと言ったところでダメで,納税義務を負うのは僕です。節税対策で儲けが出ても納税額が最小額になるようにしている僕にとっては,とくに年末に近いこの時期に引き受けるのは「僕にとっては」メリットが小さいです。相手は僕が納税した段階で利益をもらえるわけですからメリットはあるんでしょうけど。

 3点目。その相談者の名義で,僕が代わりに運用するという手はあります。でも,これも遠からず税務署にばれます。相談者が一般のサラリーマンならひょっとしたらスルーしてくれるかもしれませんが,自分で事業をやっていて確定申告しているのなら,税理士に相談する時点でチェックが入ってやめるように言われるでしょう。立派な名義貸しですからね。

 4点目。投資顧問会社を自分で設立するという方法があります。要するに自分がファンドマネージャになるってことで,これができれば上で述べたような問題は起こりません。会社形式だから税金も割安になります(各種の経費が落とせたりする)。
 でも,これって明らかに趣味の範囲を超えています。会社設立のコストとか決算報告などのさまざまなコストや責任がかかってきます。もう,これは本業ですね。僕は投資を本業にするような生き方には価値を見いだしていませんから会社設立という手段をとることはないでしょう。僕はあくまでも「なくなってもいい」と思える資金でしか投資はやりません。

 投資はあくまでも自己責任で。どうしても人任せにしたいのなら,運用を本業にしているプロに任せるべきというのが僕の主張です。



【今週初め→Nov/18/05 13:40現在のポジション状況】
USD/JPY 170,000 LONG @115.904
       →110,000 LONG @115.699
GBP/JPY  60,000 LONG @205.340
       →260,000 LONG @205.469
AUD/JPY 220,000 LONG @ 86.401
       →160,000 LONG @ 86.368
NZD/JPY 270,000 LONG @ 81.263
       →270,000 LONG @ 81.200
GBP/CHF  50,000 LONG @2.25556
       → 50,000 LONG @2.25556(変化なし)
※実効レバレッジ 6.80倍 → 9.08倍
※含み益 401,584円 → 318,038円(スワップ分は含まず)
※1日あたりスワップ(見込み)14,746円
(注意:単価は手数料控除後取引レートの加重平均による)

(コメント)
 全面的なドル買いの影響でGBP/USDが大きく下げておりまして,GBP/JPYも現在の相場は@204.25と低調です。僕のGBP/JPYロングポジションはこれぐらいの水準で買い支えたため,ポジションは膨らんでいまして,レバレッジも9倍を突破しています。これでは安心したスワップ生活が送れず(為替変動リスクが怖い),しばらくは相場を頻繁にチェックする生活が続きそうです。損切りはまだ考えません。202円台になったらじっくり分析を始めよう。201円まで落ちたら最後の買い支えロングを入れよう。それでも落ちるようなら損切りですね。
※運用が上手な人はまず損切りしてポジションを軽くするかもしれませんね。僕はそれでも高金利スワップの効果に期待して塩漬けします。ま,株式投資ならこんな発想はできませんがね。
posted by 隼人魂 at 13:55| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。