2005年11月15日

新型PowerBookG4使用レビュー!!!

 今月初めにやってきた新型PowerBookG4。こいつはすごいやつだ。これを買おうと思った理由をまず書いておこう。

  • FX投資が当たって資金に余裕ができたこと。
  • 現在使用しているiBookG4はスペック的にOSX10.4 Tigerの動きがやや鈍いこと(ストレスを感じ始めると「時間」投資のインセンティブが働く)。特にUSBは1.1しかないのでかなり不便を感じていたこと。
  • 早くて来年夏にはIntel積んだPowerBookが出る予定だが,これまで利用してきたハード・ソフトが使えなくなるリスクも大きいので,しばらくは現行機種を利用したいと思ったこと。
  • おそらく最後のPowerPC搭載機種になるだろうこと(完成度が高いってことね)。
  • 大学生という身分を活かして,さらに安く買えること。


 こんなところっすか。Intel搭載機がでてから買おうかと思って一時期躊躇したのですが,初物は怖いので,完成度の高い今回のPowerBookを買うということで,一刻も早い「時間」買いを優先させました。ちなみに「時間買い」というのは,処理能力の高い機械を買って作業時間を短縮する(仕事の能率を上げる)という意味で,あたかもお金で時間を買っているようなものだと考えられることです。
 実際に使ってみて驚愕するほどの差を体感しました。クロック周波数にして800MHz→1.67GHzと2倍以上の向上でして,何はともあれOSの起動が信じられないぐらい早い。これなら毎日電源落として寝ても朝すぐに使えそうです。今まではスリープ状態(Windowsではスタンバイっていうのかな)で1週間ほどは電源を切らずに使い回していましたから,わずかとはいえ電気代も抑えられそう。

 ブログ作成で使い倒しているメモデータベースソフト「MacJournal」(→サイト)も,これまではデータが多すぎて起動に時間がかかっていたのが,あっという間に起動できてストレスは全くありません。これまで以上にブログネタをいっぱい格納できそうです。

 それから,メモリを増設して合計2GBにしました。1GBはAppleストアで最初から付けてもらって,残り1GBは通販で安く買いました。Appleで買うのと比べると2万円ぐらい安くなりますので。小さめの+ドライバがあれば簡単に増設できますしね。2GBの恩恵はすさまじくて,特に音楽のAACとかMP3のエンコード時間が大幅に短縮されるのが素晴らしい。まさに「時間」を買った感覚。もちろんビデオ関係のエンコードも抜群で,例えば純正MP4形式で高画質なままエンコードできるソフトで「altShiiva」(→サイト。(注)Mac用ですよ)というのをよく使いますが,これまでかかっていた時間の半分程度でエンコードできました。将来的にはNHKニューズなどをデジタル予約録画して倍速再生でMP4エンコード(QuickTime形式)してiPod Videoで再生するためにiTunesに転送するという一連の作業を自動化して(AutomatorというTiger純正ソフトで簡単にできるでしょう)さらなる「時間買い」ができるようにハード・ソフト両面から武装強化していくつもりです。

 HDDは7,200回転の100GB。5,400回転の60GBだったiBookと比べると明らかにパフォーマンスは向上しています。この回転数なら発熱が心配だったのですが,静かですしいまのところ問題は起こっていません。世間的にはWindows機で先行して乗せられてますから大事には至らんだろうとは思っていましたし。本当にHDDの回転数の差は明らかな速度差として体感できますね。ノートユーザーは試してみる価値あるかもしれませんよ。

 ディスプレイは解像度が上がっています。15インチノートなのに1440 x 960の解像度。デスクトップがめっちゃ広く感じます。今までが12インチでしたから余計にそう思えます。快適快適。ただし,字が小さくなったので目が疲れやすいかなあという不安は残りますが。

 付属ソフトの面で見れば,Appleが誇るデジタル関係ソフトは一通りそろっています。本来なら「iLife ‘05」というソフトを買わないと使えない「GarageBand」「iMovie」「iDVD」なんかも普通にバンドルされていていいですね。ちなみに「GarageBand」は今,僕のiBookG4を譲った親父がハマってます。というわけでAppleらしさ満開のインスピレーションソフトはすでに買ったときから満足いくレベルのものが揃っています(S●NYのVAI●みたいに使いもしないソフトがいっぱいバンドルされているような粗雑さはありません。全てが純正!)。
 ただ個人的には「iWork '05」が標準でバンドルされていて欲しかったなあ。ビジネス機としても使うつもりだったし。ま,「Excel」とか,OpenOffice.orgのMacバイナリ版「NeoOffice/J」(→サイト)もインストールしてますから特に不便はないんですけどね。やっぱり純正ワープロソフト「Pages」がかっこよかったので使ってみたかった。

 その他のソフト面では全く心配しておりません。なんてったってUNIXベースのOSXですから,「X11」環境さえインストールしておけば,最悪でもソースコードをコンパイルしてUNIX環境のフリーの多機能ソフトをたくさん使うことができます。とはいえ最近はわざわざMacバイナリにしてAquaというGUIアピアランスを被せるところまでしてくださっている優秀なソフトもどんどん登場していますから,僕も一頃に比べて「X11」を起動する回数は減りましたね。ありがたいことです。この時間買いは正解だったな。



【今週初め→Nov/15/05 23:00現在のポジション状況】
USD/JPY 170,000 LONG @115.904
       →110,000 LONG @115.699
GBP/JPY  60,000 LONG @205.340
       → 30,000 LONG @205.340
AUD/JPY 220,000 LONG @ 86.401
       →160,000 LONG @ 86.368
NZD/JPY 270,000 LONG @ 81.263
       →270,000 LONG @ 81.200
GBP/CHF  50,000 LONG @2.25556
       → 50,000 LONG @2.25556(変化なし)
※実効レバレッジ 6.80倍 → 5.29倍
※含み益 401,584円 → 681,934円(スワップ分は含まず)
※1日あたりスワップ(見込み)9,114円
(注意:単価は手数料控除後取引レートの加重平均による)

(コメント)
 USD/JPYが@119.00を超えてきました。もっともみあって,来月ぐらいになってようやく@119.00超えかなと思ってたので利益確定を急いでしまいました。どこで利益確定させるか(損切りするか)っていうのは相変わらず難しい問題ですね。さらなる研究が必要です。
 NZD/JPYが上昇してきたことで全ポジションが含み益の状態になりました。すばらしき日本売り作戦。
 GBP/JPYは適当なところで仕込んでいきたいと思います。とりあえず明日の朝7:00までにポジション増やしておきます。もちろんスワップ目的です。10pipsぐらい上昇したところに売りの指し値(リーブオーダー)を入れておきます。まだまだ,いつ下がるかわからないからねえ。
posted by 隼人魂 at 23:14| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | Mac ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: NeoOffice/JNeoOffice/J は オープンソースとしてOpenOffice.orgの開発するオフィスツールOpenOffice.org|OpenOffice.org以下OOoのコードを..
Weblog: ソフトウェア辞典
Tracked: 2007-10-14 14:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。