2005年11月14日

11月06日〜11月12日の為替ディール結果報告

先週の為替ディール結果報告。
【先週初め→終わりのポジション状況】
USD/JPY 230,000 LONG @115.532
       →170,000 LONG @115.904
GBP/JPY  40,000 LONG @205.440
       → 60,000 LONG @205.340
AUD/JPY 290,000 LONG @ 86.364
       →220,000 LONG @ 86.401
NZD/JPY 280,000 LONG @ 80.843
       →270,000 LONG @ 81.263
GBP/CHF  50,000 LONG @2.25556
       → 50,000 LONG @2.25556(変化なし)
※実効レバレッジ 7.47倍 → 6.80倍
※含み益 940,865円 → 401,584円(スワップ分は含まず)
※1日あたりスワップ(見込み)11,332円
(注意:単価は手数料控除後取引レートの加重平均による)

(コメント)
 先々週までは強烈な円安が進んで僕のポジションも94万円の含み益を出していましたが,先週は調整の円買いが入りまして一時期は含み益が10万円程度になるまで円高が進みました。ま,これぐらいの調整は起こりうるだろうと考えていましたし,週末には相場も戻ってくるだろうと思ったので下値で買い直したりして,そこそこもちこたえました。レバレッジが大きいときの下落ダメージも大きくなるのは当然なので,頃合いを見計らって,例えばUSD/JPYは118円台で決済してダメージを抑えました。
 それでも特にダメージが大きかったのはNZD/JPYです。ボリュームが大きいと仕方がないですね。それでも含み益が大きかったセンチュリー証券のポジションを全て解消して,新たにセントラル短資でロングポジションを組み直したりして,あがきまくりました(ポジション単価が上昇して見えるのはそのためです)。
 ありがたいのはひまわり証券のGBP/CHF。1日1,000円程度のスワップとはいえ,現在レートが2.285あたりであることを考えれば含み益は13万円ほどあることになります。円安になろうと円高になろうと全く影響を受けずに高値キープされているので,このような局面では大事なヘッジペアになっています。ちなみに,ひまわり証券は手数料が割高なので長期保有向けです。そのかわりいろんな情報が得られるので重宝しています。

 さて,損益ベース(注:時価評価)ではこうなりました。
売買損益   ▲282,885円
獲得スワップ   77,475円
合計     ▲205,410円
 通算損益 2,523,928円
(コメント)
 先週1週間で73万円もの利益をあげたので(時価評価・含み益ベース)今週はその調整が入りました。含み益が54万円減少しましたが,実際の減少は20万円で済みました。つまり34万円ほど利益確定させたことになります(含み益が減るということは利益確定したか相場が悪化したということ。厳密に言えばスワップの分も引かないといけません)。ちょこっとだけですが税金の心配をしないといけないです。といってもたいした金額ではないですが。

(今週の展望)
 アメリカの本国投資法のおかげで今年中はドルロングで大丈夫でしょう・・・と楽観視しています。でもあまりにアメリカ経済の悪い数字が並びすぎると一気に反落する可能性はあります。とりあえずUSD/JPYは@117.00にストップロス注文を置いてしばらく様子見です。あとはブッシュー小泉会談次第かな。牛肉が入り基地ができということなら,日本経済はますますアメリカとの連動を余儀なくされるわけで,円も安くなっていく可能性は高い。つまりクロス円ロングのポジションはまだまだうま味があるのかなとも思います。
 とはいえきっちりファンダメンタルズ分析をしているわけではありません(テクニカルもいい加減ですが)。いいかげんなもんです。NZD/JPYもやや頭打ちなので今週はここの利益確定(現在の相場でいうと損切りになる?)をしてポジションを軽くするかもしれません。相場次第だね。
 


(雑記)
 なぜ投資をするのか?という問いについて,前回は「時間を買うお金を稼ぐため」という主旨の回答をしました。
 ではなぜFXか(流行の株投資ではないのか)という問いの回答をしなければいけません。株なら外人がいっぱい買って上がりまくっている今の時期にやらないと損だという声をよく聞きますから。
 でも,日本の行く末をどう見るかという根本的な部分の認識が違うので,僕は株はやりません。アメリカの意向次第でどうにでも変わる現在の日本経済には積極的に投資はできないのです。それよりも,ゼロ金利という国民をバカにしたような政策を10年近くも続けてきた政府への意趣返しとして,ゼロ金利を思いっきり利用してやろうと思って始めたのがFXなのであります(1日1万円を超えるスワップとして実現しています)。日本が売られれば儲かる仕掛けです。「日本売り」なんて保守本流思想の僕としては甚だ遺憾ですが,小泉首相の進める新自由主義経済では日本経済が疲弊するのは明らかですから,財産を守るためには仕方がないのです。保守ってのは「日本」国民の尊厳・資産・文化を守ることですからね。ま,小泉首相は経済のことはさっぱりわかっていないので竹中に任せっきりなわけですがね。
 郵貯などの国民の資産をあっさりとアメリカに渡して,日本の国土のあちこちに米軍が入ってきて,自衛隊は日本国民を守る前にアメリカ軍を守らされて,非核三原則なんてあったことすら忘れ去られて,異常プリオンだらけの牛肉を食べさせられて,毎年4万人もの働き盛りの人たちが自ら命を絶つ時代だというのに,それでも宗主国様を喜ばせるために京都でおもてなしをする国ですからねえ。短期売買で儲ける「投機」ならともかく安心して「投資」はできませんよ。

 ゼロ金利が解除されたらFXは美味しくないのではないかとの意見が出てくるかもしれません。そういう場面も当然あるでしょう。でも,大きな資金の流れとして,これからは350兆円という郵貯・簡保資金が海外に出て行くのだということを見落とすべきではありません(数年後のアメリカの年金改正で100兆円を超える資金が足りなくて,それに使われるのだろうという見方が方々であります)。もちろん全額ではないにしても,円が異なる通貨に交換されて投資されるのですから円安になるのはほぼ間違いなく,今のうちに仕込んでおいた円ショートポジションが大きな利益を出してくれるだろうとの読みから,しばらく円売りを続けるつもりです。ゼロ金利を逆利用した高スワップもちゃっかりいただきますし。そのために高スワップのセントラル短資に資金を移動しているのです。
・・・でも投資判断は自己責任でね!
posted by 隼人魂 at 10:21| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | FXディール結果報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。