2006年01月31日

僕は債務超過なんです。だからFXをするんです。

 どうも僕の資産運用の目的について,一部で誤解があるようです。

 以前も書いたとおり,僕がFXをする一番の目的は「住宅ローンを早期に返済する」ためです。望んだわけでもないのに負わされてしまった負の資産を早く減らしたいのです。それ以外のことはあんまり望んでいません。
 あらかじめ綿密な資金計画を立てていれば,少なくとも僕名義で家を買うことなんてありませんでしたが,ある特別な事情があって,本人の知らぬところで中古住宅の購入が決定されてしまいました。26歳で巨額の借金を背負ったので,今でもそうですが結婚なんて考えることもできません。

 その後,家の事情で銀行を退職したわけですが,手取り給料が半分ぐらいになりましたので支払いも大変です。退職まで貯金していたお金のほとんどを,ある事に使ってしまい(わかる方はわかる話。会社やめてから坊主になるまでの間にしていたことです),このままではいずれ住宅ローン破綻するなあと危惧したので,残りの資金をどうにか増やそうと思ったわけです。

 なぜ破綻なんていう思いが頭をよぎったのかと言うと,いくつか理由があります。

 まず,サラリーマン大増税がやってきます。年収700万円の家庭で年間40万円超の増税です(副島隆彦『重税国家日本の奈落』祥伝社より)。僕の場合は結婚していないので年収はそれに満たなくても増税額は同じぐらいになるでしょう。
 次に社会保険料の負担増です。国民健康保険と国民年金です。どっちも実質破綻状態ですから政府も強権発動していろんな施策を打ってきています。抗う事の出来ない僕らは負担増を我慢するしかない。どれぐらいの負担になるかは勉強不足のため頭に入っていませんが,それなりの負担になるでしょう。
 そして消費税。欧米では○○%だから日本も同じぐらいにとか何とかいう理屈で増税されるようですが,欧米でもやっていない,日用品にさえ一律消費税をかけるという暴挙。負担だけが増えていきます。

 さらに考えると,結婚して子供ができたとしても,今の公立の学校には入れたくない。そうなると教育費の捻出も大変です。子供ひとりを私立で大学卒業まで通わせるのにかかる費用で家が一軒立ちます(橘玲『世界にひとつしかない「黄金の人生設計」』講談社+α文庫より)。僕はすでに家を買ってしまっている!結婚しても嫁さんを食わしていくだけの自信も全く湧いてきません・・・。

 さらにさらに,景気が回復して金利が上昇すれば,住宅ローンの金利負担までが身を削りに来ます。
 僕がローンを組んだ2年前は期間フル固定金利の商品がなく,やむなく3年固定・その後見直しという条件で契約しました。来年の1月に金利見直しの時期がやってきますが,その頃金利が上がっているとマジでやばいです。だからそのときに何としてでも元金を減らしておきたいのです。日本の金利は上昇し出したら止まらないだろうと予想していますので,元金が多ければ多いほど負担も大きくなります(当たり前ですが)。

 こんな話をすると「悲観論者」のレッテルを貼られるのですが,僕だって暗い生活を送りたくないわけで,こんな時代でもローン破産せずにがんばれるために,いろいろ手を尽くしたいのです。そのための資産運用なんです。

 何もネット株長者みたいに不労所得で大儲けしてウハウハな生活がしたいわけではありません。僕は日ごろあんまりお金は使いません。一銭も使わない日がほとんどです。タバコも酒もやりませんし,ジュースを買う事も少ないし,ブランドの服なんてここ数年買ってません。携帯もフル定額のPHSにしましたし,車は銀行員時代に乗っていたランドローバーからトヨタのヴィッツに大幅グレードダウンさせました。所得に応じた生活をして,これからもそうするでしょう。でもでも,ローンの負担は大きすぎて,支出を減らすだけでは間に合わないんです。

 僕は元銀行員ですから,デフレの時代に借金することの怖さはよく分かっているつもりです。だいたい,僕が買った物件は中古住宅ですから,バランスシートで資産のデューデリしてもローン残高分にもはるかに満たないでしょう。土地の価値ぐらいは計上できますが,それでも間違いなく債務超過です。ここへきて日本国債が暴落でもしたら一気に長期金利は上ってエライことになります。家に火をつけて火災保険でローンを帰すっていう荒技を実行しないといけなくなるかもしれません(冗談ですよ)。デフレ中の金利上昇なんて恐ろしすぎます。固定金利なら安心かというと一概にそうとも言えず,銀行だってフルヘッジしてませんから顧客に付けを回してくることも予想されます。早く借金返したいんです。・・・ってこればっかりやな。

 いろいろ書いてきましたけど,なぜ僕がFXをやっているのかというのは,デフレというのはお金の価値が上っていく現象で,資産にするのは良いとしても負債にしてはいけないっていう大原則から出発していることを理解していただきたいと思います。金儲けにまでは手が回りませんし,あんまり興味はありません。



【今週初め→Jan/31/06 18:00現在のポジション状況】
AUD/JPY 150,000 LONG @ 86.080
       →150,000 LONG @ 86.080(変化なし)
GBP/CHF  50,000 LONG @2.24748
       → 50,000 LONG @2.24748(変化なし)
EUR/AUD  10,000 SHORT@1.63490
       → 10,000 SHORT@1.63490(変化なし)
※実効レバレッジ 2.58倍 → 2.85倍
※含み益  406,300円
    → 468,698円(スワップ分は含まず)
※1日あたりスワップ(見込み)3,038円
(注意:単価は未決済玉の手数料控除後取引レート加重平均による)

(コメント)
 スワップ派らしく,放ったらかしです。上昇相場ですので含み益は増えているようですが,あんまり気にしません。
 レバレッジが上っているのは,一部資金を引き揚げたから。
posted by 隼人魂 at 18:13| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

1月22日〜1月28日の為替ディール結果報告

 結果報告に入る前に。
 先週土曜日の晩に放送されたNHKの番組で,日・米・中の為替ディーラー達が去年のドル高相場の真っ最中にどのように動いたかという特集がされていました。僕が銀行員時代に使っていた為替システムの画面などが昔と同じで懐かしいなあと思って見ていましたが,けっこう勉強になりました。中国のディーラーはドル円のレンジオプションで勝負し(最終的には失敗),アメリカのヘッジファンドのファンドマネージャーは当時大勢だったドル安論の逆張り,つまりドル高期待ポジションを張って大儲けし,日本のみすほは実需(輸出企業・輸入企業のヘッジ買い・売りの仲介)の対応に追われていた,そんな内容でした。為替市場はプロ達にとっても厳しい場なんだなあと改めて感じ入り,僕はアマチュアらしい取引を心がけないといけないなと反省したものです。いやあ,いい番組でした。再放送もするらしいですので,興味ある方はご覧になってみてください。
NHKスペシャルの再放送紹介

先週の為替ディール結果報告。
【先週初め→終わりのポジション状況】
GBP/JPY  10,000 LONG @202.370
       →      0(利益確定)
AUD/JPY 170,000 LONG @ 86.080
       →150,000 LONG @ 86.080(一部利益確定)
NZD/JPY  60,000 LONG @ 79.840
       →      0(損切り&撤退)
GBP/CHF  50,000 LONG @2.24910
       → 50,000 LONG @2.24748(単価下げ成功)
EUR/AUD  10,000 SHORT@1.63490
       → 10,000 SHORT@1.63490(変化なし)
※実効レバレッジ 3.54倍 → 2.58倍
※含み益   19,322円
    → 406,300円(スワップ分は含まず)
※1日あたりスワップ(見込み)3,054円
(注意:単価は未決済玉の手数料控除後取引レート加重平均による)
(コメント)
 週末にかけて大きく円安に触れましたので,あいかわらず円売りの僕のポジションは大きな含み益を出しています。とはいっても上り方が急なので,反動も覚悟はしているところです。一方的な円安も円高も進まず,まったりと円安になってくれればいいんです。
 GBP/JPY(ポン円)が207円まで伸びてくるとは思ってもおらず,早々と204円半ばで利益確定しちゃいました。もったいない。
 AUD/JPY(オージー円)は仕込み忘れ。いいレートを待っている間にどんどん相場が上昇してしまって,今のレートで仕込むのはちょっと怖いかなという感じです。レバレッジは理想的(欲を言えば3倍ぐらいがベストかな)な形に落ち着いていますが,これではスワップもあまりおいしくない。ま,また乱高下の「下」のところで買うために今は我慢しておこう。
 また,去年の年末の反省からAUD/JPYは適当なところでストップを入れています。15枚全部をクローズすることになるでしょうけど,セントラル短資の裏技「両建て」を使えば,「下」で買い増すのと合わせて面白いことができるかもしれません。具体的な手順までは書けませんが,そういう使い方もありだろうなと思っています。
 GBP/CHF(ポンスイ)は今週けっこう動きました。CHF(スイスフラン)が買われたのが原因ですが,おかげさまで単価引下げが成功しました。2.24台のロングは結構おいしいなあ。

 さて,損益ベース(注:時価評価)ではこうなりました。
売買損益     408,188円
獲得スワップ    25,283円
合計       433,471円
 年間損益    146,792円
(コメント)
 今月は円高基調で始まりましたが,ここへきて反発しています。とはいえこのままずうっと円安ってことにもならないでしょう。しばらく上げたり下げたりで,僕のポジション損益も乱高下することになると思います。ま,想定内ですが。
 AUD/JPY(オージー円)以外の円売りポジションを軒並みクローズしてきましたから,スワップは抑え気味になっています。もともとこれぐらいのスピードで資産が増えていくのが理想なのかもしれませんが。まったりまったりで行きます。



(雑記)
 さて,先々週から新しい手法を使って取引の幅を広げてきました。これまでの利益を公表すると,
今週利益  85,480円
通算利益 136,282円

 この手法では,はじめから13連勝中と絶好調なのですが,失敗がないというのも困り者です。必勝法なんてそもそもありませんから,調子に乗って取引量を増やし出したら一度の失敗で全部やられそうな気もしますし,軽はずみに余計なポジションをとってしまって身動きできなくなるということも起こりえます。ちなみに,失敗する原因は理屈ではわかっていますが,実際の損切りのタイミングなどは失敗してみないと実感できません。いろいろ経験した後でないと,なかなかこの手法を紹介するのは怖いなあ(煽ってしまうかもっていう意味)と感じています。

 また,この手法は株のデイトレードと同様,完全に「投機」の分類に入るものですので,僕も去年の儲け分以上の資金を運用することはありません。「投機」はちょっと・・・という人に無理やり勧めることもしません。僕にとっては負けてゼロになっても損得なしで終われますから気楽なもんです。感情抜きで冷徹なトレードができる利点がある分,スワップ重視まったり手法と比べたらかえって資金効率は良くなるかもしれませんが。

※余談ですが,円売りスワップ重視の従来手法は「投資」,または「資産防衛」に当たります(と思っています)。財政問題や地震リスクが引き起こすインフレで価値がなくなっていくだろう円を持っているよりも,イランに攻め入る可能性が強い中での有事のドルやユーロ,ユーロに入らなかったことでものすごい得をしているポンド,資源国通貨のオージーなどで持っておく方が有利だろうという「投資」の読みです。これらの通貨はゼロ金利の円と比べて格段に高金利通貨ですからスワップもいっぱいもらえることになるので,おいしいなあという読みです。チャートや日々の指標発表だけを見た短期決戦の「投機」とは違います。
posted by 隼人魂 at 14:09| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | FXディール結果報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

新型キター!!!

NewZero3.jpg WILLCOMのPDA型PHS「W-ZERO3」の新色が登場!
【ウィルコムのW-ZERO3に新色が登場、3月までに15万台出荷へ】(Jan/27/06 CNET Japan)

 おいおい,せっかく現行ブラックモデルへの物欲を断ち切って「WX310K」に機種変更したところだぞ。こんなステキなものが出たら買ってしまうではないか。できればBloutoothモジュール内蔵でパワーアップして出てきて欲しかったところですが,スペックは現行のものと変わらないというところがブラックモデル所持者への配慮のように思えて,なおなまめかしいところです。また悩みそうだなあ。

 ここのところのWILLCOMの躍進は目覚ましいですね。それに比べて携帯元気がない。成熟してしまった日本の携帯電話市場は安売りしか手だてがないようで,コンテンツビジネスも無料サービスの充実などで思ったほどの収益があがっていないようです。おサイフケータイの試みもいろいろ各社が智慧をひねり出しているようですが,どこまで普及するもんだか。
【携帯で改札をスイッ!モバイルSuicaサービス始まる】(Jan/28/06 IT PLUS)

docomo.jpg DoCoMoはWILLCOMの「W-ZERO3」のバカ売れを見て,同じような機種の投入を考えているようですが,法人契約しかできないらしい。おいおい,DoCoMoさん,やる気あるの?
【ドコモからもWindows Mobileスマートフォンが登場!】(Jan/23/06 engadget japan)
 
 このあたりのことは『日経ビジネス』06年1月16日号「ドコモ失速,電機全滅 ケータイ大国の幻想」という特集に詳しかったので,興味のある方は図書館などでバックナンバーを読んでいただければいいと思います。弟が半導体関係の会社に勤めているので,僕もおのずとこういう精密機器分野への関心が高くなったのですが,日本という狭い世界だけでしか売れないケータイは,やがて外国製の無茶苦茶安いケータイにその位置をとってかわられることになるように思えます(超円安になれば別ですけど)。例えば僕が買おうかどうか逡巡している,写真の「W-ZERO3」ではSkypeが使えるので,無料通話が携帯(PHS)で実現できている,そういうところまで技術は進んできているわけです。携帯のIP化なんかは近い将来実現するんでしょうけど,そうなったときに日本の携帯会社は何で生き残りをかけることになるんでしょうか。・・・ま,このブログではそんな真剣なことはネタにはしませんけど,気にはなりますね。
※余談ですが,Skypeの日本語版を売っているのは(無料ダウンロードですが)ライブドアでした。ホリエモンがあちこちから嫌われるようになった原因の一つが,このソフトなんじゃないかなと邪推しています。

 他にもWILLCOMの野望がちらほらと語られ始めました。
【2.5GHz帯への展開をアピール,ウィルコムが次世代PHSの実験免許】(Jan/27/06 日経コミュニケーション)

 ってなわけで,またしばらく悩むぜ!



【今週初め→終わりのポジション状況】
GBP/JPY  10,000 LONG @202.370
       →      0(利益確定)
AUD/JPY 170,000 LONG @ 86.080
       →150,000 LONG @ 86.080(一部利益確定)
NZD/JPY  60,000 LONG @ 79.840
       →      0(損切り&撤退)
GBP/CHF  50,000 LONG @2.24910
       → 50,000 LONG @2.24748(単価下げ成功)
EUR/AUD  10,000 SHORT@1.63490
       → 10,000 SHORT@1.63490(変化なし)
※実効レバレッジ 3.54倍 → 2.58倍
※含み益   19,322円
    → 406,300円(スワップ分は含まず)
※1日あたりスワップ(見込み)3,054円
(注意:単価は未決済玉の手数料控除後取引レート加重平均による)

(コメント)
 USD/JPY(ポジなし)がウソのように上昇して,117.50ぐらいまでいきました。やっぱり1,2 月は乱高下で方向感つかめませんね。また落ちるんでしょう。
 今のところAUD/JPY(オージー円)に集中投資していますが,これがなかなかパフォーマンス良し。含み益の大半はこれが稼いでくれています。ま,これも乱高下でしょうけどね。
 このポジションとは別の,新しい手法による取引は未だに負けなし。怖いぐらい調子が良くって,トータルで6ケタ乗せました。具体的な数値はまた月曜日にでも。
posted by 隼人魂 at 16:51| 鹿児島 | Comment(0) | TrackBack(1) | PHSその他モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

やっぱりジョブスすげえ

 2つ前のエントリ(→「ジョブスすげえ」)で書いたとおり,ディズニーがピクサーを買収したことで,AppleのCEOスティーブ・ジョブスが個人筆頭株主になったらしい。素人の予測ですが,これでディズニーアニメがiPodで簡単に見れるようになるでしょうし,PSPでは見れない(DVDからエンコードとか無しでってことね)ってことなんでしょう。勝負アリかな。
参考コラム
 
 とはいえ個人的にはどうでも言い話だったりします。去年の年末とか,iPod欲しいなあと思った時期はありましたけど,よくよく考えればビデオ見てる時間なんてないんですよね,忙しくて。テレビもあんまり見ないからDVDレコーダーとかHDレコーダーとか全く必要ないし,そもそもDVDにしたビデオを何度も見直している人ってどれぐらいいるんだろうか・・・と皆が冷静に考えはじめると一気にブームは冷え込むんじゃないかなあ。・・・なんて言ったら業界の人に怒られるかな。だからディズニー映画がiTunesMusicStoreのビデオコーナーに出てきたとしても,僕が買うことはないだろうなあ。って,今日はこれだけのエントリ。すんません。



【今週初め→Jan/26/06 21:55現在のポジション状況】
GBP/JPY  10,000 LONG @202.370
       →      0(利益確定)
AUD/JPY 170,000 LONG @ 86.080
       →150,000 LONG @ 86.080(一部利益確定)
NZD/JPY  60,000 LONG @ 79.840
       →      0(損切り&撤退)
GBP/CHF  50,000 LONG @2.24910
       → 50,000 LONG @2.24748(単価下げ成功)
EUR/AUD  10,000 SHORT@1.63490
       → 10,000 SHORT@1.63490(変化なし)
※実効レバレッジ 3.54倍 → 2.61倍
※含み益   19,322円
    → 280,682円(スワップ分は含まず)
※1日あたりスワップ(見込み)3,055円
(注意:単価は未決済玉の手数料控除後取引レート加重平均による)

(コメント)
 GBP/JPYはすごいスピードで207円近くまで上っちゃってますが,途中204円台で思わず利益確定しちゃいました。短期売買の方針でしたからルール通りの運用でしたが,やっぱりちょっともったいなかったなあ。ま,よくあることですから気にしない気にしない。
 AUD/JPYも反落に備えて少しだけ身軽になったつもりが,どんどん相場が好転したのでポジションは縮小。
 NZD/JPYは撤退方針でしたので,わずかに損切りという形で(スワップ入れたらプラス)ポジションクローズしました。
 GBP/JPYは今週は乱高下が激しかったです。ポジションレートを下回ったところでナンピン買い増し。思惑通り底をつけて上っていったので,ナンピン後の加重平均となるプラスマイナスゼロの点で決済。わずかですが単価下げに成功しました。
 含み益も大きく向上。ま,まだ金曜日があるので安心はできませんが,いい週末を迎えられそうです。



(雑記)
 新しい手法で短期売買(注:投機です)を試していますが,調子の良さは継続しています。負け無しでトータル利益が98,011円。うーん,マネーゲームに手を染めている自分にちょっぴり後ろめたさを感じつつも,儲けたらしっかり奉納させてもらおうと考えて気を静めているところです。ま,失敗した方が勉強になっていいんですけど,でもあんまり大きな失敗もしたくないような・・・。
posted by 隼人魂 at 22:45| 鹿児島 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

1月15日〜1月21日の為替ディール結果報告

先週の為替ディール結果報告。
【今週初め→終わりのポジション状況】
USD/JPY  50,000 LONG @115.000
       →      0 (利益確定&撤退)
GBP/JPY  10,000 LONG @202.140
       → 10,000 LONG @202.370(利益確定&新規ポジ)
AUD/JPY 110,000 LONG @ 85.860
       →170,000 LONG @ 86.080(ポジ拡大)
NZD/JPY  60,000 LONG @ 79.625
       → 50,000 LONG @ 79.840(一部利益確定)
GBP/CHF  50,000 LONG @2.24910
       → 50,000 LONG @2.24910(変化なし)
EUR/AUD  10,000 SHORT@1.63490
       → 10,000 SHORT@1.63490(変化なし)
※実効レバレッジ 3.00倍 → 3.54倍
※含み益 137,412円
    → 19,322円(スワップ分は含まず)
※1日あたりスワップ(見込み)4,340円
(注意:単価は未決済玉の手数料控除後取引レート加重平均による)
(コメント)
 もうUSD/JPYは買えません。115円に乗せたので全部決済して撤退します(損益はゼロでスワップだけゲットしたことになります)。
 GBP/JPYは1円上昇したところで決済,下がったところで買い直してまた1円上ったら決済という手法で短期売買中です。ただしショートはやりません。マイナススワップこわいので。
 NZD/JPYは80円に乗せたところで売るつもりが売りそびれてしまいました。指値に一歩及ばず。しばらく塩漬けコース継続です。
 GBP/CHFもEUR/AUDもまずまず。

 さて,損益ベース(注:時価評価)ではこうなりました。
売買損益     ▲64,124円
獲得スワップ    28,043円
合計       ▲36,081円
 年間損益   ▲286,679円
(コメント)
 総じて円売りポジション継続中ですので,円が買われると弱いつらい状況です。個人的な感想としては,この程度のマイナスで済んで良かったなあというところですが,冬の間は耐えるしかなさそうですね。春以降の巻き返しをはかります。



(雑記)
 上の損益のところには入れていないのですが,ちょっと試している手法で50,802円の利益がありました(トータルで見ればプラスの週でした)。まだまだ検証が必要な手法なのでまだブログには載せれないのですが,まずまずコツはつかみかけています。実際に7連勝で,さっきさらに1勝(5,750円)しました。安定した収益が上げれそうであれば,またこのブログで紹介していこうと思います。
posted by 隼人魂 at 16:04| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FXディール結果報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

ジョブスすげえ

 ジョブスすごい。

(Jan/20/06 NIKKEI NETより引用開始)
【米ディズニー,映画のピクサー買収へ・米紙報道】
 19日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルは米ウォルト・ディズニーが「トイ・ストーリー」などで知られる映画会社の米ピクサー・アニメーション・スタジオを買収する方向で交渉中だと報じた。前日終値で計算したピクサーの株式時価総額は68億ドル(約7800億円)。同紙によるとディズニーは若干の上乗せ価格でピクサーの全株を取得する。
 ピクサーはアップルコンピュータのスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)が株式の5割強を所有。買収は株式交換で行われるもようで,実現すればジョブズ氏はディズニー株の5%以上を握る個人筆頭株主になり,取締役に就く公算が大きい。
 ディズニーは傘下に米三大テレビ局ABCを持つ。音楽ネット配信で独走するアップルとディズニーの関係強化も期待でき,放送と通信の融合を象徴する動きとなる。
(引用終了)

 これって確実にiPodのビデオコンテンツの拡充が進むってことですよね。iPod&Appleはますます順調!IntelMacがコケても大丈夫ですね・・・なんて余計なお世話かな?



【今週初め→終わりのポジション状況】
USD/JPY  50,000 LONG @115.000
       →      0 (利益確定&撤退)
GBP/JPY  10,000 LONG @202.140
       → 10,000 LONG @202.370(利益確定&新規ポジ)
AUD/JPY 110,000 LONG @ 85.860
       →170,000 LONG @ 86.080(ポジ拡大)
NZD/JPY  60,000 LONG @ 79.625
       → 50,000 LONG @ 79.840(一部利益確定)
GBP/CHF  50,000 LONG @2.24910
       → 50,000 LONG @2.24910(変化なし)
EUR/AUD  10,000 SHORT@1.63490
       → 10,000 SHORT@1.63490(変化なし)
※実効レバレッジ 3.00倍 → 3.53倍
※含み益 137,412円
    → 19,322円(スワップ分は含まず)
※1日あたりスワップ(見込み)4,340円
(注意:単価は未決済玉の手数料控除後取引レート加重平均による)

(コメント)
 結果論ですがNZD/JPYは80円台の売り時に全部売るべきでした。欲を出すとダメですね。75円台にまで落ちれば買い増し(ナンピン)する予定です。もちろん80円台乗せれば今度こそ売ります。
 AUD/JPYを中心に売買していくつもりですが,GBP/CHFも底堅くて狙い目だし,EUR/AUDもちょっぴり増やしてもいいかなと思ったりもして・・・。ま,NZD/JPYがどうにか救われたら,という前提ですが・・・。
posted by 隼人魂 at 17:41| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | Mac ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

携帯で長文メール打つのがしんどい方にぴったりの商品をご紹介

 最近友人からFXについて尋ねられ,「外貨預金との比較」連載がストップしてしまっていることに気付きました。なかなかまとまった時間がとれないので間が開いてしまいましたが,近いうちに再開したいと思います。今週末は大学の試験があるので今週は無理ですが。

 さてまたPHSの話題を。
WZERO3.jpg 先日,お坊さんの集会で明石のお寺の跡取りがWILLCOMの「W-ZERO3」を持っていました。去年の年末に会ったときに,買うと宣言していたので,また触らせてねと言っていたので見せてくれたわけです。彼は,たぶんあんまり使わんけど人気やから買ってみたっていうコメントを出すぐらいの新しいもの好きです。さんざん触りまくってきました。

 やっぱり急いで作った製品という第一印象そのままだったのですが,意外と使用感は良く,次にニューバージョンが発売になったら買い替えてやろうという気にはさせてくれました。何と言っても,携帯メールがキーボードで打てるってのがいい。もちろんLinuxZaurusと同じ親指入力ですが,パソコンのキーボードと同じ配列なので無理がない。さすがは世界のSHARPだね。次回作はBluetooth標準搭載で再登場するだろうから,このときに買いましょう。

携帯キーボード.jpg 携帯メールで長文を打つことが多い人に朗報。ま,いろんな雑誌で紹介されているのですでに使っている方がいらっしゃるかもしれませんが,リュウドという会社がなかなか気の利いた製品を出しています(→サイト)。auでもDoCoMoでもVodafoneでもそれぞれのキャリアに対応したキーボードを用意すればOKのようです。僕はPHSユーザーで,長文を打つときはLinuxZaurusで足りていますので買うつもりはありませんが,興味のある方はいろいろ調べてみるのも面白いと思いますよ。



【今週初め→Jan/17/06 21:10現在のポジション状況】
USD/JPY  50,000 LONG @115.000
       →      0 (利益確定&撤退)
GBP/JPY  10,000 LONG @202.140
       → 10,000 LONG @202.140(変化なし)
AUD/JPY 110,000 LONG @ 85.860
       →130,000 LONG @ 85.978(ポジ拡大)
NZD/JPY  60,000 LONG @ 79.625
       → 50,000 LONG @ 79.840(一部利益確定)
GBP/CHF  50,000 LONG @2.24910
       → 50,000 LONG @2.24910(変化なし)
EUR/AUD  10,000 SHORT@1.63490
       → 10,000 SHORT@1.63490(変化なし)
※実効レバレッジ 3.00倍 → 3.11倍
※含み益 137,412円 → 174,444円(スワップ分は含まず)
※1日あたりスワップ(見込み)3,823円
(注意:単価は未決済玉の手数料控除後取引レート加重平均による)

(コメント)
 ホリエモンのおかげかどうか,円売りがちょこっとずつ進んできました。USD/JPYも115円到達ということで一旦はずしました。レバレッジは抑え目なのでスワップ金額は低下中ですから,AUD/JPYあたりをいいタイミングで仕込んでいきたいと思います。
 また別資金で高金利通貨ロング以外の取引も試していますが,まずまずの成績です。少額ですが3連勝で,3万円ほどの利益が出ました。こっちもボチボチ研究しつつ続けていこうと思っています。取引が安定してきたら詳細をお知らせします。
posted by 隼人魂 at 22:15| 鹿児島 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | PHSその他モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

1月8日〜1月14日の為替ディール結果報告

先週の為替ディール結果報告。
【先週初め→終わりのポジション状況】
USD/JPY  50,000 LONG @115.000
       → 50,000 LONG @115.000(変化なし)
GBP/JPY  10,000 LONG @202.140
       → 10,000 LONG @202.140(変化なし)
AUD/JPY 110,000 LONG @ 85.860
       →110,000 LONG @ 85.860(変化なし)
NZD/JPY  90,000 LONG @ 79.544
       → 60,000 LONG @ 79.625(一部利益確定)
CAN/JPY  30,000 LONG @ 99.747
       →      0 (利益確定&撤退)
GBP/CHF  80,000 LONG @2.25669
       → 50,000 LONG @2.24910(ポジレート下げ成功)
EUR/AUD  10,000 SHORT@1.63490
       → 10,000 SHORT@1.63490(変化なし)
USD/CHF  10,000 LONG @1.28000
       →      0 (利益確定&撤退)
※実効レバレッジ 4.07倍 → 3.00倍
※含み益 ▲125,963円 → 137,412円(スワップ分は含まず)
※1日あたりスワップ(見込み)4,401円
(注意:単価は未決済玉の手数料控除後取引レート加重平均による)

(コメント)
 USD/JPYの終値は114.18(前週比▲0.28 ※円高が進んだということ)。安値113.40台を一瞬つけたとはいえ狭いレンジでの動きでした。なかなか115円台は回復しそうにないですねえ。ま,放ったらかしでいいかな。
 AUD/JPYの終値は86.23(前週比▲0.07)で先々週とほとんど変わらなかったのですが,NZD/JPYの終値は79.77(前週比+0.63)となかなか堅調でした。利益がちょっぴりのったところで一部利益確定のため売りました。でもNZD/JPYはちょっとまだ強気の投資はできませんね。これぐらいのポジションで様子見を続けます(たぶん80円の後半まで行くことがあればそこで全部売ると思います)。
 CAN/JPYは週の安値97.20の上97.75でナンピン買いして平均単価を98.75としておいて,その後相場が上昇して98.75でポジションクローズ(高値98.87でしたからギリギリでした)。キャピタルゲインはなしでスワップがちょこっとだけつきました。うまく手じまえたので良しとしましょう。ま,慣れない通貨には手を出さないことですね。
 GBP/CHFはおいしかったです。下がったところで買い増しして頃合いで売ったので,結果的にポジションレートを引き下げることに成功。ポジションボリュームとしてもこれぐらいがちょうどでしょう。
 ドルはどうも全般的に弱含みですね。長期投資方針なので短期的な円高はそれほど気にしませんが,110ぐらいまで下がれば買ってもいいかなと思っています。でもチキンなので115に乗せたところに指値置いて撤退の構えも見せているところです(^^;
 
 今後買うとしたらAUD/JPY(オージー円)かGBP/JPY(ポン円)ですが,前者は長期投資に向いているので再度85円台の半ばぐらいまで落ちてきたらちょっと買って,さらに落ちたらもっと買うという戦法でいくつもりです。後者は値動きが激しすぎるので,2円抜けたところで手じまいして,さらに下がってきたところで再度ロングを仕込むというスウィングトレードを目指します。ま,買っても10枚までですけど。

 さて,損益ベース(注:時価評価)ではこうなりました。
売買損益     159,889円
獲得スワップ    35,356円
合計       195,425円
 年間損益   ▲250,598円
(コメント)
 売買損益のプラスは主に含み損解消によるものです(ポジションレート引下げも成功しているのでポジション報告の部分では含み益になっています)。スワップは確実に5,000円/日もらっていますが,USD/JPYとかNZD/JPYの指値がヒットすればちょっぴり落ちていくでしょう。 



(雑記)
 準備が整いつつあるので,取引の幅をちょっぴり広げていこうと思っています。今まではほぼ円売り一辺倒でしたが天国も地獄も見たので,配分を変えます。具体的な戦略はまだ実を結んでいないので詳しくはお伝えできませんが,イメージとして,AUD/JPYロング60%,GBP/CHF20%,ヘッジ10%,裁定10%ぐらいの割合でいこうと思っています。相変わらずスワップ中心ですが,ちょっぴりヘッジも考えて,さらなる余裕金(去年の儲けのうち100万円ほど)で裁定取引に挑戦します。
posted by 隼人魂 at 15:18| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | FXディール結果報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

FlyBookなかなかセンスの良い機種ね お金を貯めていつか欲しいな

 連日Macの話題ばかりで恐縮です。なので今日はWindows機でも「これなら買ってもいいかな」というノート型パソコンを見つけましたので紹介します。
 
gal_8.jpg

 ズバリ!「FlyBook」です(→サイトプレス発表)。メーカーは台湾のDialogue社。ヨーロッパ中心に小型パソコンの販売に力を入れていたらしく,こんど日本法人を設立してまもなく販売体制がとられるらしい。だからまだ売ってません。

 大きさはLinuxZaurusのA5サイズ版と言うべきか,B5版パソコンを一回り小さくしたものと言うべきか。ま,どっちでもよろしい。これならたとえOSが弱っちいWindowsであってもデザインなどの面で許せるかな。Zaurusは現役バリバリで使用中なんですが,やっぱりあの小ささでパソコン用のドキュメントファイルを読むと結構疲れます(ためになるメルマガをコピーしてWord文書にしたものをSDカードに入れて,外食しているときなどに読んでいます)。だいぶん慣れましたけどやっぱり目を疲れさせてまで必死になって読まなくてもいい。楽に読める環境があればいいなあ,何かいい機械はないかなあと思っていたのです。

photo01.jpg また,現在神戸の寺(仕事場)と西宮の実家を行ったり来たりしているわけですが,寺にしかWindows機がなく,実家ではFXのトレーディングができません。それほど頻繁にトレードするわけじゃないし,ずっと相場のことを考えているとしんどいから別にいいやと思っていましたが,去年年末の円高時にはとても対応できませんでした。
 ちょっと前まで主に使っていた中古のノート(一昨年購入)は友人に譲ってしまい,再度購入した中古パソコンも父のもう一人の弟子の方に差し上げました。なので今は寺付属のバ〇オでFXしていますが,この環境を西宮に帰ったときに再現するために安い一台が欲しいなと思っていました。

 そこでさらに中古を物色したのですが,FXだけじゃなくて他にもいろいろ使う必要があるので(例えばMacのExcelはWindows版のマクロが動かないことも多々ある)この際,新しく買ってやろうかと思ったわけです。でも財源がない(笑)。・・・今からコツコツ貯金して,また冬ごろに帰るようになってたらいいなあ。



【今週初め→Jan/13/06 21:40現在のポジション状況】
USD/JPY  50,000 LONG @115.000
       → 50,000 LONG @115.000(変化なし)
GBP/JPY  10,000 LONG @202.140
       → 10,000 LONG @202.140(変化なし)
AUD/JPY 110,000 LONG @ 85.860
       →110,000 LONG @ 85.860(変化なし)
NZD/JPY  90,000 LONG @ 79.544
       → 60,000 LONG @ 79.625(一部利益確定)
CAN/JPY  30,000 LONG @ 99.747
       →      0 (利益確定&撤退)
GBP/CHF  80,000 LONG @2.25669
       → 50,000 LONG @2.24910(ポジレート下げ成功)
EUR/AUD  10,000 SHORT@1.63490
       → 10,000 SHORT@1.63490(変化なし)
USD/CHF  10,000 LONG @1.28000
       →      0 (利益確定&撤退)
※実効レバレッジ 4.07倍 → 2.99倍
※含み益 ▲125,963円 → 137,622円(スワップ分は含まず)
※1日あたりスワップ(見込み)4,398円
(注意:単価は未決済玉の手数料控除後取引レート加重平均による)

(コメント)
 小刻みなディールに徹し,レバレッジは3倍以下まで下げています(損失なしのトレードオフポイントで売り抜けることができた通貨がいくつかあります)。USD/JPYも115円に乗せれば一度撤退しようと思っています。では残ったお金をどう運用するか?ということについては,実はいろいろと手を打っているところです。まだ実際の取引はしていないので何とも言えませんが,スワップ中心の他にもローリスクでミドルリターンを狙う方法をデモで試しているところでして,これがなかなかな成績なので近々実際のトレードに入れてしまおうかなと思っています。
 さて,あと一時間もしたらアメリカの重要指標が発表になりますので,上記の含み益も大きく変わることでしょう。含み損を吐き出すように売り決済の指定注文をかけたので含み損は消えましたが,さてさてどうなりますことやら。
posted by 隼人魂 at 21:54| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | Mac ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

インテルのデュアルを積んだ新Mac ついに登場でもちょっと待てよ

 前エントリをアップしていろいろコメントいただいて気を良くしていたら,突然Appleから重大発表が!
→ Appleのサイト

intelcoreduochip20060109.png intelMacの発表は想定の範囲内(ホリエモンっぽいな)だったけど,こんなに早い時期に出てくるとは思ってませんでした。intelのデュアルコアチップってこの間発表になったばっかりじゃなかったっけ?それをいきなりMacのヘビーユーザー用PowerBook(MacBook Proと呼ぶらしい)に乗せてくるとはちょっと急ぎすぎのような気がするんだけど・・・。

 iBookG4のパフォーマンスがPowerBookG4に肉薄してきている現状,急がなければユーザーが逃げてしまうという焦りがあったのだろうとは思いますが,けっこうAppleもバクチ打ちますねえっていう印象。

macbook2.jpg 僕としてはやっぱり様子見。っていうか数カ月前に新機種PowerBookG4を買ったところだし。結果的に僕が買ったPowerBookG4はPowerPC搭載の最終形となったわけですから,最も完成度の高いノートパソコンを選択した決断は正しかったなあと思います。このintelMacが発売される前にもう一回マイナーアップデートがあったらどうしようかなんて思ってましたから。ソフトの類いもApple純正のものはともかく,いま僕がメインで使っているような秀逸なフリー&シェアウェアはすぐにはintel用には用意されないだろうから,やっぱり様子見です。

intelcoreduochip20060109.png いつも使っているフリーウェアの数々がintelMacに対応したのが確認できて,移行に問題がないということがわかれば,下取りして新intelMacに変更ってことも考えられますが,僕としては愛着のあるPowerBookですから,やっぱりintelMacはデスクトップ機,新型iMac(いつ出るねん?)に期待しようっと。



【今週初め→Jan/11/06 21:47現在のポジション状況】
USD/JPY  50,000 LONG @115.000
       → 50,000 LONG @115.000(変化なし)
GBP/JPY  10,000 LONG @202.140
       → 10,000 LONG @202.140(変化なし)
AUD/JPY 110,000 LONG @ 85.860
       →110,000 LONG @ 85.860(変化なし)
NZD/JPY  90,000 LONG @ 79.544
       → 90,000 LONG @ 79.544(変化なし)
CAN/JPY  30,000 LONG @ 99.747
       → 60,000 LONG @ 98.668(ポジ拡大)
GBP/CHF  80,000 LONG @2.25669
       → 50,000 LONG @2.25464(ポジレート下げ成功)
EUR/AUD  10,000 SHORT@1.63490
       → 10,000 SHORT@1.63490(変化なし)
USD/CHF  10,000 LONG @1.28000
       →      0(利益確定)
※実効レバレッジ 4.07倍 → 3.82倍
※含み益 ▲125,963円 → ▲72,735円(スワップ分は含まず)
※1日あたりスワップ(見込み)5,371円
(注意:単価は未決済玉の手数料控除後取引レート加重平均による)

(コメント)
 CAN/JPYは狙いどおりというか結果論でポジションレートを1円ほど下げることができましたが予期せぬポジション拡大(^^;)買ったら下がり売ったら上るというヘタクソトレードをぶちかましました。@98.67まで上って来れば3枚決済するつもりですが高値は@98.52まででした。もう一息。
 NZD/JPYも狙いのレートまで届きません。高値は@79.69まで来ていますが,欲張って80円台で売ろうかと指値を置いていますので。ま,3円ほど落ちても下値で拾い直すつもりですから,そんなに焦ってトレードする必要もないんですけどね。
 GBP/CHFは膨らんだポジションをトレードオフのレートで予定通り一部決済しました。ポジションレートを引き下げるのはスワップ重視派の必須トレード手法ですが,成功すると気持ち良いもんです(ひまわり証券の決済ルールの影響で見た目はそれほどレート引下げされてませんが,実際は100pipsぐらい引下げできています)。
 USD/CHFはドル不安から一旦ポジションを閉じました。スワップ合わせて2,000円ぐらいの利益でした。マイナスじゃないだけましかな。
 円の調整はしばらく続きそうですね。レバレッジをもうちょっと下げるために上に書いたぐらいのレベルに一旦上がってもらってからさらなる調整が入ってくれるというシナリオならまだ許せるんですけどねえ。
posted by 隼人魂 at 22:18| 鹿児島 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

1月1日〜1月7日の為替ディール結果報告

先週の為替ディール結果報告。

【先週初め→終わりのポジション状況】
USD/JPY 100,000 LONG @115.295
       → 50,000 LONG @115.000(一部損切り)
GBP/JPY  20,000 LONG @202.840
       → 10,000 LONG @202.840(一部利益確定)
AUD/JPY 110,000 LONG @ 85.860
       →110,000 LONG @ 85.860(変化なし)
NZD/JPY  90,000 LONG @ 79.544
       → 90,000 LONG @ 79.544(変化なし)
CAN/JPY  30,000 LONG @ 99.747(新規取組)
GBP/CHF  50,000 LONG @2.26270
       → 80,000 LONG @2.25669(ポジ拡大)
EUR/AUD  10,000 SHORT@1.63490
       → 10,000 SHORT@1.63490(変化なし)
USD/CHF  10,000 LONG @1.28000(新規取組)
※実効レバレッジ 3.84倍 → 4.07倍
※含み益 400,400円 → ▲125,963円(スワップ分は含まず)
※1日あたりスワップ(見込み)5,848円
(注意:単価は未決済玉の手数料控除後取引レート加重平均による)
(コメント)
 円高調整が続いています(「調整」と言い張るのも厳しい状況にもなってはきています ^^;)。NZD/JPYは落としたいんですけどなかなか指値がヒットしません。これ以上レバレッジが上るのも嬉しくないので追加で買い支えるのも無理があるところです。さてどうしたもんかな。って言ってもしばらく塩漬けで我慢するつもりですけど。
 
 さて,損益ベース(注:時価評価)ではこうなりました。
売買損益    ▲553,895円
獲得スワップ    39,622円
合計      ▲514,273円
 年間損益   ▲514,273円
(コメント)
 
 ユーロが買われたこともあって,クロス円以外のペアも不調でした。ま,こんな週もあるでしょう。新年早々すごい成績ですけど・・・



(雑記)
 今週に入っても円高に動いているような・・・
posted by 隼人魂 at 20:45| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FXディール結果報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

初心者はintelMacを待たぬこと 今買うならばiMacだね

 友人がMac購入を考えているらしい。彼の母親から相談を受けたのですが,彼は大学の映像関連の学部に通っていて,学校もMacなので今のソ〇ーのバ〇オから買い替えたいということでした。そこで,今回のエントリで現在リリースされている(買うことができる)Macを簡単に紹介したいと思います。さらに詳しく知りたい方はMac関連の雑誌でも見てください。

(1)デスクトップ型

PowerMac.jpg  《PowerMacG5》
【特徴と購入にあたっての注意点】

  • Mac界の最強デスクトップ機。CPUはG5型で,プロ用の最上位機種はQUAD,つまりCPUを4つも積んでいるモンスターマシン。
  • その他機種もデュアルコアCPUなので,ほぼ何でもできるしスピードもピカイチ。
  • ディスプレイを別途購入する必要がある。総予算で35万円以上もするので初心者向きとは言えない。
  • また,今年以降,CPUがIBM社製のG5からintel社のものに変わっていくため,初心者にはお勧めしない(初物の不安定さを嫌うプロ用)。
  • PCI-Expressなどの最新インターフェースが採用されており,拡張性は抜群。


iMac.jpg  《iMacG5》
【特徴と購入にあたっての注意点】

  • CPUはG5型。おそらく今年の早い段階でintel社製CPUに置き換わってデザインも一新されるはず。とはいえ今までのMac用ソフトのほとんどがストレスなく使用できるので,今買うなら僕としては一番のお勧め。
  • モニタ一体型なのに,20インチとでっかいモニタのものでも20万円を切る。もちろんメモリを増設したら23万円ぐらいにはなる。
  • iLifeなどデジタル関係のMac純正ソフトが標準でバンドルされている。FrontRowという,iMacにしかない便利なソフトも付いている。
  • iSightという小型ビデオカメラ内蔵。ビデオチャットも標準で可能。コストパフォーマンスめちゃ高し。
  • デザインはやはりAppleだけあって秀逸。


Macmini.jpg  《Mac mini》
【特徴と購入にあたっての注意点】

  • 非常にコンパクトで,発表されたときの驚嘆はすさまじく,Windowsユーザーも購入に走ったぐらいの「弁当箱」マシン。
  • CPUはG4なので上の2機種と比べれば性能は落ちる。その分,安くて一番安いものが6万円を切る。
  • PowerMacG5と同様,ディスプレイを別途購入する必要あり。
  • いつも使うパソコンというより,リビングなどでテレビやビデオと一緒に使うと便利という位置づけ。セカンドマシンとしては良いが初心者にはお勧めしない。


(2)ノート型

PowerBook.jpg  《PowerBookG4》
【特徴と購入にあたっての注意点】

  • Macノート界,おそらく最後のPowerPC系ノート。性能は良いが所詮は世代遅れのG4。発熱問題が解決されないためG5は積めず,今年の早い段階でintel社製のCPUに変わってパワーアップされるだろうと言われている。
  • 映像関係はやはりG5でないとキツイだろう。音楽関連ではこのPowerBookG4で十分なパフォーマンスを上げられるようだ。
  • そのかわり洗練度においては機種中ピカイチ。安定した使用感を好むベテランにはお勧めだが,初心者でノートが欲しいという場合はもう少し待ってintelMacの登場を待った方がいいかも(ちなみに僕は洗練度を重視して購入しました)。


iBook.jpg  《iBookG4》
【特徴と購入にあたっての注意点】

  • 最も早い段階でintelMacに移行するであろう,初心者向けノート。性能は悪くはないが,映像関係をメインで使うには力不足だろうと思う。
  • 無線LANなども標準装備なのに一番安くて12万円で買え,コストパフォーマンスはむちゃ高。普通の使い方(メール,ウェブ,ワープロなど)なら十分すぎるパワーは備えている。
  • 2,3年後ぐらいに買い替える予定だという前提なら,普通の使い方をする初心者にはお勧め。2,3年もすればintelMac対応のハードやソフトが揃っていることでしょう。


 というわけで,個人的には「iMacG5」をお勧めします。僕も買替えのときは,今のPowerBookG4にするかiMacG5にするか迷いました。初物intelMacにすぐに飛びつくのはリスクが大きいのと抜群の安定性(何度も改良されて洗練度アップ),デザインの秀逸さ,頻繁に移動することなどが理由でPowerBookG4にしましたが,コストパフォーマンスでは圧倒的に「iMacG5」でしょう。intelMacが出ても,ハードやソフトの安定感がどこまでのものかが不明ですから,初心者がintelMacを初めて買って幻滅してMacの評価が下がってしまうのもいかがなものかと思いますし,Macが置いてある学校でもすぐに新機種に換えたりしないでしょうし。

 以上,参考にしてください。



【今週初め→今週終わりのポジション状況】
USD/JPY 100,000 LONG @115.295
       → 50,000 LONG @115.000(一部損切り)
GBP/JPY  20,000 LONG @202.840
       → 10,000 LONG @202.840(一部利益確定)
AUD/JPY 110,000 LONG @ 85.860
       →110,000 LONG @ 85.860(変化なし)
NZD/JPY  90,000 LONG @ 79.544
       → 90,000 LONG @ 79.544(変化なし)
CAN/JPY  30,000 LONG @ 99.747(新規取組)
GBP/CHF  50,000 LONG @2.26270
       → 80,000 LONG @2.25669(ポジ拡大)
EUR/AUD  10,000 SHORT@1.63490
       → 10,000 SHORT@1.63490(変化なし)
USD/CHF  10,000 LONG @1.28000(新規取組)
※実効レバレッジ 3.84倍 → 4.07倍
※含み益 400,400円 → ▲125,963円(スワップ分は含まず)
※1日あたりスワップ(見込み)5,848円
(注意:単価は未決済玉の手数料控除後取引レート加重平均による)

(コメント)
 損益はまだきっちりわかりませんが,先週比ではけっこう減少していると思います。金曜日のUSD/JPYの大きな下げがありましたので全体的に円高になって,含み益がマイナスに転じました。ま,一時的なもんでしょう。レバレッジも4倍程度だし,一週間ごとに一喜一憂しても仕方がないので,のんびりとやります。
posted by 隼人魂 at 21:46| 鹿児島 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | Mac ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

2005年12月の為替ディール報告

2005年12月の為替ディール報告。

通算成績発表!

05年03月   ▲22,651円(月間   ▲22,651円)
05年04月  ▲220,643円(月間  ▲197,992円)
05年05月  ▲333,580円(月間  ▲112,937円)
05年06月  ▲263,396円(月間    70,184円)
05年07月  ▲124,447円(月間   138,949円)
05年08月   ▲51,351円(月間    73,096円)
05年09月 1,242,347円(月間 1,293,698円)
05年10月 2,271,749円(月間 1,029,402円)
05年11月 4,422,828円(月間 2,151,079円)
05年12月 2,109,025円(月間▲2,313,803円)

※月末時点評価レートによる通算成績。
 算出方法は,月末時点の有効証拠金(現金+スワップ+含み損益)ー投資元金
 つまり月末時点で全部のポジションを解消したと考えたときの純利益。

 昨年のFX戦績です。
 最初の数ヶ月は練習でいろいろと試していたので,うまくいったりいかなかったりで結果的にはマイナスが続きました。ドルの利上げが始まった夏からはスワップ中心の戦略に変更したため,円売りトレンドに乗って大きく利益が膨らみました。そして,11月にやめて勝ち逃げしておきゃいいのに欲を出した12月には急激な円高の餌食に。レバレッジ管理,損切りの大切さを身をもって体験し,いろいろと勉強させてもらった一年でした。

 1年目でこの成績ならまあ良しとしましょうか。僕は今年も去年と同じような円売りトレンドが続くという見通しをもっていますので,今年もうまくトレンドに乗れれば同じくらいの利益が狙えるかなとも思っています。ただしドル円にはあまり投資しないつもりです。今もっているポジションから増やすことはないと思います。
 また,今年は去年の円売り一辺倒で逆襲にやられた反省も加えて,さらに取引の幅を広げようと思っています。いろいろ試してみてうまくいけばここで報告します。うまくいかなかったときも失敗参考例として報告します。素人投資家から一歩ずつ成長していく姿をお見せしたいと思います。



【今週初め→Jan/05/06 18:00現在のポジション状況】
USD/JPY 100,000 LONG @115.295
       →100,000 LONG @115.295(変化なし)
GBP/JPY  20,000 LONG @202.840
       → 10,000 LONG @202.840(一部利益確定)
AUD/JPY 110,000 LONG @ 85.860
       →110,000 LONG @ 85.860(変化なし)
NZD/JPY  90,000 LONG @ 79.544
       → 90,000 LONG @ 79.544(変化なし)
GBP/CHF  50,000 LONG @2.26270
       → 80,000 LONG @2.25669(ポジ拡大)
EUR/AUD  10,000 SHORT@1.63490
       → 10,000 SHORT@1.63490(変化なし)
USD/CHF  10,000 LONG @1.28000(新規取組)
※実効レバレッジ 3.84倍 → 4.26倍
※含み益 400,400円 → 38,192円(スワップ分は含まず)
※1日あたりスワップ(見込み)6,288円
(注意:単価は未決済玉の手数料控除後取引レート加重平均による)

(コメント)
 をいをいレバ上ってきてるぞ,ってことで注意していきます(まだまだ安全圏ですが)。イラクのテロでスイスフランが買われたらしいので,これまで堅調だったGBP/CHF(ポンスイ)が一気に@2.25の壁を破って指し値をヒットしてしまったらしい。ここまで落ちたら買おうと指し値を置いていたUSD/CHF(ドルスイ)までヒットして一気にポジションが広がりました。欲を言えばもう1通貨,低金利のものをショートポジにしておきたいのですが,なかなかいいものがありませんね。
posted by 隼人魂 at 18:11| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FXディール結果報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

12月25日〜12月31日の為替ディール結果報告

 あけましておめでとうございます。
 早速ですが,先週の為替ディール結果報告から。

【先週初め→終わりのポジション状況】
USD/JPY 100,000 LONG @115.295
       →100,000 LONG @115.295(変化なし)
GBP/JPY  20,000 LONG @202.840
       → 20,000 LONG @202.840(変化なし)
AUD/JPY  80,000 LONG @ 86.111
       →110,000 LONG @ 85.860(ポジ拡大)
NZD/JPY 170,000 LONG @ 80.247
       → 90,000 LONG @ 79.544(損切り)
GBP/CHF  50,000 LONG @2.26270
       → 50,000 LONG @2.26270(変化なし)
EUR/AUD  10,000 SHORT@1.61490
       → 10,000 SHORT@1.63490(ポジ引上げ成功)
※実効レバレッジ 4.43倍 → 3.84倍
※含み益 ▲395,200円 → 400,400円(スワップ分は含まず)
※1日あたりスワップ(見込み)5,810円
(注意:単価は未決済玉の手数料控除後取引レート加重平均による)
(コメント)
 先週は特に大きな動きもなくクリスマス明けの穏やかな相場展開になりましたが,レバレッジを下げることと,納税先送り策のためにオセアニア通貨をちょっぴりいじりました。週末の水曜日にそのオペレーションをして(口座に反映されるのが年最後の金曜日になるため)その後に相場が上昇したので含み益も増大しています。
 このポジションで今年から始まることになります。
 当面は日本の景気回復・量的緩和政策解除を見込んで日本国債の売り圧力が強まるだろうという見通しから,円ショートポジションを続けたいと思います。ただし,昨年12月の失敗を活かして,相場上昇を無理に追いかけずに適当なところでの利益確定をしていくつもりです。そのためにもレバレッジを現状よりやや低めにして(3.5倍ぐらいを目処に)ちょっとした円高ぐらいは耐えれるようにしておきます。
 
 さて,注目の損益ベース(注:時価評価)ではこうなりました。
売買損益     627,682円
獲得スワップ    44,848円
合計       672,530円
 通算損益  2,109,025円
(年間雑所得 1,660,527円)
(コメント)
 先々週の成績は▲408,775円でしたから,これをカバーした形になります。こういう形で相場が戻ってくれば,売買損益プラスマイナスゼロでもスワップ分まるまる得するわけですが,今後はどうなることやら。今のポジションレートを底にして堅調な相場になってくれることを願ってやみません。

 年間雑所得は166万円に抑えることができました。これが総合課税のベースになりますから,40万円ほどの所得を来期以降に先送りできたことになります(税額で言えば数万円ほどですけど)。本当はもっとすごい手で先送り金額を増やしたかったのですが,当初儲ける予定だった金額(^^;)に比べたらやる気を起こしませんでしたので,また来期以降のお楽しみにとっておこう。



(雑記)
 さて,昨年一年間の利益トータルが出ました。2百万円オーバー達成ということで,投資利回りを計算してみよう。

(1) 今まで投入した元本の総額(つまり年末時点での元本)を投資元本として見た場合の利回り = 22.69%。
(2) 月末時点での「有効証拠金」をその月の平均元本として算出される年間平残を投資元本として見た場合の利回り = 38.35%

 (1) の考え方は単純です。例えば100万円を投資資金としてもっていても100万円ピッタリの株を買うわけじゃなくて,80万円の株を買って90万円で売ったら儲けは10万円。1年で取引がこの1回だけだったとして10万円 / 100万円 = 10%を年利回りとする考え方です。この考え方は単純だけど,取引回数が増えてくると前回に儲けた(あるいは損した)金額を勘案した元本で考えるかどうか,つまり複利効果を考えるのかどうかで,その後の計算が変わってきます。スワップも証拠金として追加投資できるFXではちょっと不便な利回りです。

 (2) で見るときは複利効果が勘案されています。ただし厳密な計算ではありません。毎日毎日の証拠金をしっかり算出して365日足し合わせれば高精度の利回りが算出できるのですが,為替相場は基本的には月曜日の朝から土曜日の朝まで開きっぱなしですから,いつの時点の証拠金を考えるべきかとかややこしい話にもなります。そんな瑣末なことに時間は割けませんから,月末の証拠金残高をその月の平均残高だと考えて12ヶ月分の加重平均をとって複利効果を勘案した年間平残と見なすことにしたわけです。
 この考えを僕の投資成績に当てはめてみると,昨年は1,2月は残高ゼロですし3月も練習で30万円から始めてますので全体としての年間平残が小さくなり,利回りは (1) のときよりは大きくなります。

 ちなみに,なぜ利回り計算にこだわるかというと,銀行で売っている投資商品の利回り計算はインチキに近いものが多くて騙されやすい人が多いので,ちょっとした考え方のヒントを提供したかったからです。利回りだけにとびかかって大金を無駄な投資に充てて欲しくないからです。
 例えば大きな字で「3%」と書いてあって,非常に小さい字で「ただし1ヶ月のみ。1ヶ月を過ぎると市場金利に連動した金利となります」とか書いてあるポスターはあちこちの銀行に貼ってあります。素人が見たら誰でも100万円を1年間預けたら3万円の利息がつくものだと思いますよね?でも3%くれるのは最初の1ヶ月だけ,つまり年利にしたら3/12=0.25%でしかないわけ。あとの11ヶ月は超低金利の0.01%(これも実は年利)とかがくっついてきて・・・っていうそれだけの商品。しかもそこから源泉徴収で20%の税金が引かれて・・・という具合で無知な素人投資家は1年経ってみて気付くわけですね。騙された,と。
 ま,騙された方が結果的に勉強になる場合も多いですから,逆説的には銀行も投資家育成に役立っているわけですけどね。
posted by 隼人魂 at 16:49| 鹿児島 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXディール結果報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。